種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛鳥とドッキング

<<   作成日時 : 2008/10/09 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ピレウス港に停泊中のにっぽん丸に乗り込むため、埠頭に着いたら
なにやら忙しそうな飛鳥Uの顔見知りスタッフにまず遭遇。
「アレッ!どうしてここにいるんですか?」と問われ、
「イヤ、実はにっぽん丸に・・・・」 ということで、乗船前にひと盛り上がり。

桟橋には飛鳥が大きな体を休めておりました。
2008年のワールドクルーズでは、にっぽん丸と飛鳥は、ほぼ同じコースを
取っているので、航海中こういうドッキングが3回あるとか。
次のドッキングはニューヨークだそうです。

日本の客船は現在3隻。
商船三井客船の「にっぽん丸」、郵船の「飛鳥U」
日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」です。
にっぽん丸は食事の美味しいこと、クルーのホスピタリティの温かさで
定評があり、飛鳥Uは日本最大の客船としての豪華さを誇り、
ぱしふぃっくびいなすは雰囲気のカジュアル感と操行性能の良さで
人気を集めています。

他国の場合、大きなクルーズ会社が何隻も船を保有してクルーズ
の運営していますが、日本では3社がワールドクルーズのできる
客船を一隻づつ持っているわけです。
アジアではシンガポールのスタークルーズを除いて、大型客船を運航
させているのは日本しかなく、これは誇れることです。

他国の埠頭に日本船が停泊していると、見物人が集まることが
あります。そんな時、「見て、見て、これがわが国が誇る客船よ」
と心の中でつぶやいたりするんです。
客船は世界中のいろいろな処に行って、日本という国の存在を
アピールする親善大使的な役割を果たしているように思うのです。

〈2008年5月6日・ギリシャのピレウス港〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飛鳥とドッキング 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる