種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS Novecento

<<   作成日時 : 2008/11/09 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


”Novecento”ってイタリア語で数字の900のこと。
じゃあなに?このお店は、もしかしたら1,100年前くらいに作られたの?
まさかね、と思って調べたら、Novecentoは1900から1999年代の
省略形だということがわかりました。
なので、このお店の誕生は1900年から1999年の間に間違いありません。
かなりアバウトだけど。

なぜ、1900年代の千を省くのかとイタリア人に訊いたら、
話している内容からして本当の900年代か1900年代かは誰だって
見当がつくことばかりだから千年の部分は言わないんだ、という答えだったそう。
映画、芸術関係の人がよく使うらしいのですが、
考えてみればなるほど900年代には映画なんてなかったのだから、
20世紀の話しだと、理解して当然なんだとか。

画像


お店の中は時代を感じさせるいい感じの空気が漂っていて
ハンフリー・ボガートが突然現われても、おかしくない雰囲気です。
ハンフリー・ボガートといえば、彼はアメリカ人なのに、
風情がヨーロッパの人のようだと私は感じているんです。
彼の父親がイギリス系、オランダ系の血をひいているからという
こともあるんでしょうが、それ以上に彼の醸す”渋さ”に理由が
あるんじゃないかと思うのです。

Pizzeriaからもクルーズからも思いが逸れていく日曜の午後でした。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Novecento 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる