種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS カオキオ・カントリークラブ

<<   作成日時 : 2009/02/15 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


バンプラ・ゴルフ・クラブでプレイ&ランチを楽しんだ後、車で15分ほどの
距離にある別のゴルフ場を視察しに行きました。
シーラチャの丘陵地に開発された27ホールのカオキオ・カントリークラブで、
設計者は世界中に独特のコースを数多く生み出した、かのピート・ダイです。

画像


ピート・ダイ設計ならではのウォーターハザードとバンカーがトリッキーに
活かされたホールです。
カオキオとは”緑の山”という意味で、ゴルフ場の周囲には確かに
標高の低い山が連なり、その眺望を楽しみながらプレイすることができます。

画像


フェアウェイには独特のアンジュレーションがあり、
ライを計算に入れて打たないと思わぬミスショットを招きます。
このコースの景観の特徴となっている山は、上のほうが岩肌で
フクロウの顔のようにも見えますね。
山にも岩にもその土地のパワーが集まると聞きますが
この山は確かにパワースポットであるような気がします。
この山の下にあるカオキオ・カントリークラブで真剣にプレイをすれば
何か開眼するところがあり、良い意味で別人ゴルファーに変身するかも
しれません。

画像


練習レンジで一人黙々と球を打つ男性。
良いスコアを出すにはこのくらい練習熱心でなければいけません。
ロクな練習もせずにスコアが悪いと嘆いているあなた(私のことです)
この人を見習ったらいかが?

ここでピート・ダイ語録から一つご紹介。
『もともとゴルフはアンフェアなものだ。不運な状況の自分をメンタルコントロール
する必要があるのがゴルフなのだ』
トリッキーなコース作りを得意とした、ピート・ダイらしい含蓄のある言葉です。
よく心に刻んでおきましょう!
でもまあ、私にはメンタルコントロールなんて無理ですけれど・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カオキオ・カントリークラブ 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる