種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽井沢・写真旅行

<<   作成日時 : 2011/07/28 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

私がメンバーになっている写真クラブ"写Do"
のみなさんと軽井沢に写真撮影旅行に
行ってきました。

東京から車3台に分乗して関越自動車道から
上信越自動車道へ。
松井田妙義ICで一般道に降り、国道18号線へ。

お昼は定番の横川の釜めし。
これ、結構しっかり量があるのよね。
腹ごしらえ万端で横川を出発し、途中めがね橋
のあるスポットで撮影停車。

この煉瓦造りの橋は、通称めがね橋、正式名は
碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)です。
群馬県安中市松井田町にある鉄道橋で、
国鉄信越本線横川駅 - 軽井沢駅間に架かって
いて、同区間がアプト式鉄道時代に使われていました。

最近、TVのCMにこの橋が出てきますね。
吉永小百合さんが登場する、JRのCMだった
かしら?

画像

道路のミラーに映り込んだ空には雲一つ
ありません。暑い日でした。

画像

宿泊場所に到着!
こちらは劇団・青年座のロッジで、劇団員が
合宿で利用するんですって。
すっごく太い丸太で組んであって、
集団で暴れ回っても(誰が暴れるの?)びくとも
しないくらい頑丈そうです。

画像

ロッジは木々に囲まれ、夜は窓を閉めて寝ないと
寒いくらい。
夜はみんなで花火撮影大会となりました。

画像


画像


文字を書く人と、撮影する人のタイミングを
合わせるのが結構難しいんですよ。
「失敗! 失敗! もう一回!」なんて大騒ぎ。
大の大人が、まるで子供に還ったみたい。

画像

さて、翌日は、嬬恋高原のキャベツ畑へ。
朝から晴天で浅間山がクッキリ見えました。
高原の大地はどこまでもキャベツ、キャベツ、キャベツ。

画像

朝露がキャベツの葉の上でコロコロ。

画像

「つつじの湯」って、なんだか魅力的。
きっと、お風呂がつつじに囲まれているんでしょうね。

画像


画像

コスモスが風にそよいでいる風景って、
すごく気持ちを和ませてくれますね。

画像


画像

花を撮るのも写真の楽しみの一つです。

画像

傾斜のきついゴルフ場ではなく、スキー場です。
説明しなくてもわかるわね・・・・
標高2000m あるので涼しいのなんのって。
都会の猛暑でふやけた身には、実に良い
刺激でした。

画像

久しぶりに見るトンボ。まだ赤トンボじゃ
ありませんね。

画像

涼しい高原から佐久の方に降りて、小諸城址の
ある懐古園へ。
展望台からは千曲川の流れが見渡せます。

千曲川と言えば、島崎藤村の詩ですね。
「小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ・・・」
昔はみんなこの詩を暗記していたものでした。
いまは、よほどの文学青年でない限り、
知っている若者はいないのでしょうね。

スキー場のある高原からは1000mほど低い
位置にある懐古園は、都会と同じ暑さでした。

画像

園内散策で火照った体を冷やすには
かき氷が一番!

夏はやっぱりかき氷ですね。
宇治金時の抹茶のほろ苦さと餡子の甘さが
絶妙で、疲れを一遍に吹き飛ばしてくれました。

その後、小諸そばの昼食をとり、高速の渋滞を
避けるために、早めに東京へと向かいました。

写真撮影、花火大会、懐古園散策と内容盛り沢山
の一泊旅行となりました。
満足、満足!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽井沢・写真旅行 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる