種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘇州は東洋のベニス

<<   作成日時 : 2012/06/15 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

レジェンドは上海港に一泊したので、2日目は
オプショナルツアーで水の都・蘇州に足を
伸ばしてみました。

蘇州観光といえば、何といっても遊覧船による
運河巡りです。

この日は残念なら一日雨。
でも、雨の蘇州にはしっとりした情緒がありました。

画像

運河の水量はタップリあります。
運河は幅の広い所もあれば、狭い所もあって
街中を縦横に巡っているようです。

画像

あちらこちらに古い橋がかかっていました。
これもまた独特の風情があります。

画像

雨の中、傘をさしながら洗濯する女性の姿が。
こういう光景は日常茶飯のよう。

画像

運河巡りの後は、刺繍博物館を見学。
薄い絹の布の両面に鮮やかな刺繍が施されて
います。
それぞれ別々に刺繍をするのではなく、
一つの針と糸で、両面同時に刺繍をしていく技術が
特別で、修得するには長い年月がかかるのだとか。

画像

この女性はこの博物館の中でもトップの
技術をもつのだとか。
キャリア20年以上だそうで、見ていると実に手早く
仕上げていきます。

画像

蘇州の世界遺産「拙政園」にも寄りました。
規模は蘇州最大級で、庭園は明の時代に
造られたそうです。

画像

この日は土曜日だったので、写真には写って
いませんが、実はすごい数の観光客がいて、
アリの行列のようにつながって庭園巡りを
しました。

各グループが説明スポットで交錯すると
自分のグループがどこにいるのか
分からなくなり、庭や建物を見学するよりも
迷子にならないよう、必死に自分のグループ
の後を追っていた、というのが実際のところ。

中国恐るべし、あの人の多さには圧倒され
まくりでした。

この庭園も、人が少なかったらどれほど風情が
あったことか。
でも、中国で人の少ない所を探すなんて無理
みたいですね。

人が多ければ、当然車も多いわけで、
上海への戻りは、雨の土曜日ということも
あって、3時間はかかりました。

船に戻って、部屋のベッドに体を伸ばしながら
自分に言いましたね「お疲れさん!」

このクルーズも終盤、あとは2日間の洋上航海
の後、横浜港に戻るのみとなりました。

クルーズの最終日21日には船上で金環日食
が見られるはずだったのに、西から移動して
きた低気圧と足並みが合ってしまい、観察
出来ずじまい。

写真撮影用の準備もしていたのに残念で
なりません。
22日の朝、レジェンドは無事に横浜港に
帰港。 
お疲れ様でした〜






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蘇州は東洋のベニス 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる