種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS にっぽん丸で春の三陸・青森クルーズ

<<   作成日時 : 2013/04/27 13:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

4月1日〜5日、客船にっぽん丸で春の津軽・三陸クルーズに行ってきました。
にっぽん丸は2010年に大改装が行われ、とても居心地のい空間がたくさんできました。
その中の一部をご紹介しましょう。

画像

まずは7階船首にあるホライズンラウンジです。このラウンジからはこれから進んでいく
海原や入港する港の様子が一望できるので、クルーズの醍醐味を楽しむことができます。

画像

画像

プールサイドにあるリドテラスとリドグリルは開放的な空間で、両側に並んだテーブルとソファが、
南国のリゾートみたいでおしゃれ!!
セルフサービスのドリンクコーナーではコーヒー、紅茶、オレンジジュースなどがほぼ一日中フリー。
GODIVAの「ショコリキサー」もフリーでいただけて大人気です。

画像

普段忙しくてゆっくり読書する時間のない方は、
このライブラリーで船上読書をどうぞ!

画像

長期のクルーズになると、このカードルームでマージャンや将棋を楽しむ方が増えます。

画像

マーメイドシアターでは午後と夜に違う映画が上映されます。
私は今回のクルーズ中に「リンカーン」を観て、とても感動しました。
リンカーンを演じた男優は、アカデミー賞の主演男優賞を受賞しただけあって、抜群の演技力でした。

画像


にっぽん丸の夜のお楽しみはなんといってもお食事。
洋上の料亭と言われるくらい丁寧な料理と繊細なお味で
お客様を満足させてくれます。

画像

にっぽん丸は1日に晴海港を出港して、2日に宮城県の宮古港に入港。
埠頭にはにっぽん丸の寄港を歓迎する横断幕が掲げられていました。

画像

宮古市の市長さんを始め、観光関係の方々のお出迎えや、歓迎パフォーマンスがあり、
乗客のテンションは一気にアップ!

画像

にっぽん丸も地元の歓迎に応えると同時に、宮古の壱日も早い復興を願って旗を掲げました。

画像

埠頭ではいろいろな屋台が出て、にっぽん丸乗客を楽しませてくれました。

画像

宮古水産高校の生徒さんも頑張っています。

画像

宮古と言えば、白い岩肌に緑の松のコントラストが美しい国の名勝『浄土ヶ浜』が有名です。
その海岸美を満喫できる約40分の湾内クルージングに乗船しました。
船上から餌を投げるとウミネコが寄ってきて、餌をナイスキャッチ。ウミネコと遊ぶのも遊覧船の楽しみの一つです。

画像

遊覧船を降りた後は、にっぽん丸の乗客のために特別に貸し切られた三陸鉄道で、
東日本大震災で甚大な被害を受けた田老町を訪ねました。

画像

田老町は日本一の防災の町として知られ、堅固な防波堤が造られていましたが、
津波はその防波堤を超える高さで町を襲いました。
辛うじて残った、たろう観光ホテルの3階まで津波が襲ったそうです。
自然の脅威に対する人間の抵抗のはかなさを感じさせる光景でした。

画像

宮古を出港したにっぽん丸は、3日の朝青森港に入港しました。

画像

青森では、オプショナルツアーに参加し、酸ケ湯温泉に行ってきました。
酸ヶ湯は、三百年も昔から開かれていた山の温泉宿で、八甲田の主峰大岳の西麓に位置する、
標高約九百メートルの高地にあります。
酸ケ湯温泉は混浴ですが、入口は別々ですし、温泉は大きくて中は湯気で煙っているし、
お湯は白く濁っているので、混浴であることは特に気になりませんでした。

画像

9百メートルの高地にあるので、一面は深い雪景色です。

画像

酸ケ湯から青森市内に戻る道にはまだこんなに雪が積もっていて、雪の壁を作っていました。

画像

にっぽん丸の待つ青森港に戻ると、巨大なアップルパイが私たちを待ち受けていました。
港に戻るのが遅かったので、半分は食べられてしまっていましたが、美味しさは変わりません。
青森ではいいお湯につかって、美味しいアップルパイをいただけて満足、満足、大満足!!

画像

にっぽん丸が青森港を出港するときは、寒い中を地元の小学生が太鼓パフォーマンスで見送ってくれました。
4泊5日のクルーズは東日本大震災の被災地を訪れたこともあって、いろいろな感慨を与えてくれるものになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にっぽん丸で春の三陸・青森クルーズ 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる