テーマ:タイ

タイからカンボジアへ陸路の旅Part・1

《1日目》 タイの魅力はなんといっても人々のハートの温かさ。 それから辛くて美味しい料理、王朝次代から伝わる伝統と文化の豊かさ、 青い海に囲まれたスタイリッシュなリゾート。 何回来ても飽きることはないけれど、今回の旅行は陸路でカンボジアのアンコールワットにも行くという魅力的な内容でした。 私、前からアンコールワットに行きたかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイからカンボジアへ陸路の旅Part・2

《3日目》 3日目はバスに乗ってタイ中部のナコンナヨック県に向かいました。 ナコンナヨック県は、バンコクの北東約120kmに位置し、県北部にはキアオ山がそびえる清流の里。美しい滝が多く観られる風光明媚な地方として 知られています。 移動の途中でマンゴーの木で工芸品を作っている工場に立ち寄りました。 マンゴーの木は固くて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイからカンボジアへ陸路の旅Part3

《4日目》 4日目はバンコクから150kmほど北東にあるプラチンブリ県に向かいました 途中立ち寄ったバン・ドン・クラトン・ヤム村には立派な寺院がありました。 また村の昔の暮らしの様子を見せるローカル・ミュージアムもあって興味深かったです 藍色の民族衣装を身にまとい、昔の遊びを披露して、来訪者を歓迎してくださる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーケットでハーフマラソンに初挑戦!

6月10日にタイのプーケットでマラソン大会が ありました。 私は昨年からランニングを始め、一度5キロマラソンに 出たことはあるのですが、20K越えなんて未体験。 なのに誘われるままに、参加することにしました。 上の写真は前日にスタートとゴールの場所を 確認しにいったときのもの。 大会の前日、ミスタイラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タイ・ナイト」

この女性は誰でしょう? そうです、この美しい女性はタイのインラック首相 です。 今月の8日にインラック首相来日記念レセプション 「タイ・ナイト」がホテルオークラの「平安の間」で 行われました。 首相とともにタイの政府高官も来日し、 日本の投資企業、関係機関、専門家との交流が はかられました。 タイは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ政府観光庁記者会見『サワディー・タイランド』

先週18日、帝国ホテルで行われたタイ政府観光庁の 記者会見に行ってきました。 この記者会見は、タイの旅行産業の現状報告と 今後の日本市場に対する様々なプロモーションを 目的とするものでした。 会見のテーブルに飾られたタイ政府観光庁”TAT” のマスコット・ハッピーちゃんが、会場の雰囲気を 和ませていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ・イヴェント ”T-Evolution”

7月25日のことになりますが、六本木グランドハイアット東京で、 タイ国大使館商務部主催イベント『T-evolution』 オープニングレセプションが開催されました。 当日は、タイ王国のウボンラット王女が臨席され、 タイと日本の、より緊密で発展的な交流を期待する旨の スピーチがありました。 ウボンラット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『汚れを知らず』            金色に輝く像の横に立ち、 子供はその像と同じものに なりました。     何も恐れず、何も傷つけず、 何にも汚されず、無限の可 能性を秘めて輝くのです。                        タイ バンコク                 『日々祈る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイに思うこと

《ザ ロイヤル トロフィー》取材旅行は、アジアチームの初V獲得の場に 立ち会えて、とても充実したものとなりました。 旅行の計画段階で心配されていた政治的混乱も昨年の内に一応治まり、 観光客にとっては治安的に何の不安もない、いつもの穏やかなタイの顔 が戻っていました。 それにつけてもです、私にとって衝撃的であり、以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カオキオ カントリークラブ

1階ラウンジは開放感溢れるガラス張りで、コースがよく眺められます。 プレイを楽しんだ後のゆったりとした時間が流れてゆきます。 陽光降り注ぐ2階レストランはカジュアルな雰囲気。 テレビを見ながらの食事のテーブルでは、どんな会話が交わされて いたのでしょうか? レディースのロッカールーム入り口です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カオキオ・カントリークラブ

バンプラ・ゴルフ・クラブでプレイ&ランチを楽しんだ後、車で15分ほどの 距離にある別のゴルフ場を視察しに行きました。 シーラチャの丘陵地に開発された27ホールのカオキオ・カントリークラブで、 設計者は世界中に独特のコースを数多く生み出した、かのピート・ダイです。 ピート・ダイ設計ならではのウォーターハザードと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンプラ国際ゴルフ倶楽部

私にとってのゴルフは「足腰強化と気分転換が主目的」、 「スコアなんて気にしない!」などと呟きながら、クラブハウスにもどります。 大らかで細かいことなど気にしないタイでのゴルフは、そうでなければいけません。 後半にショートと最終ミドルでパーを取れたのですから上出来です。 しかも初めて使う貸しクラブで、グリーンの速いタフなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Enjoy ! golf in Thailand

この組のお供は愛犬です。 よくお供をすると見えて、ティーショット待ちの時間を寛いだ風情で 過ごしています。 タイにも”犬猿の仲”ということわざがあるのでしょうか? あるとすれば、サルもこの組には近づきにくいことでしょうね。 そろそろティーショットOK、の雰囲気を感じたようで、 目障りでない所に自分から移動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Enjoy!golf in Thailand

タイに行ったら試合観戦だけじゃなく、やっぱり実際にプレイを 楽しまなければ、というわけでパタヤ近郊にある”Bngpra Golf Club”に 行って来ました。 このクラブは1958年開場という歴史のある正統派クラブで、世界的な トーナメントも開催されたアジアを代表するゴルフ場です。 木々や池が自然のままに活かされ、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シェラトン グランデ スクンビット』の魅力

ホテル内の本格的タイ料理レストラン”Basil"の入り口で。 色とりどりの野菜を写していたら、ここの係りの男性が現われて タイならではのご挨拶。 タイで何が嬉しいかと言えば、この挨拶に具現化される他者への 優しい配慮です。こちらも同じように手を合わせて、お返ししたくなります。 日本にいると、時々エレベーターの中などで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シェラトン グランデ スクンビッド』 は都会の中のリゾート

このホテルには、バンコクという大都会の中心にいるとは思えぬ オアシスのような空間があります。 それが、プールのあるフロアーで、実に多種類のトロピカルプランツがこの空間 を覆うように植えられ、そこだけがスッポリ別世界の風情。 プールサイドには彫刻や壷や小さな噴水が巧みに配され、南国の寺院の境内 に迷い込んだような感覚を覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイでの宿泊は『シェラトン グランデ スクンビット』

今回の〈ザ ロイヤル トロフィー〉取材旅行中の宿泊は、バンコクの ビジネスとファッションの中心地、スクンビット通り沿いに佇む、シックで デラックスなホテル『シェラトン グランデ スクンビット』 シェラトンの中でも最高級ブランドであるラグジュアリーコレクションの1つで 洗練された雰囲気が全館に漂う素敵なホテルでした。 ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その8

表彰式終了後の記者会見に臨むアジアチーム選手。 左から、チャーリー・ウィ選手(韓国)、プラヤド・マークセン選手(タイ)      谷口 徹選手(日本)、リャン・ウェン・チョン選手(中国) 左から、谷原 秀人選手(日本)、石川 遼選手(日本)      S,K,ホ選手(韓国)、トンチャイ・ジェイディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その7

アジアチームの初勝利となって優勝カップを手にし、喜ぶ尾崎直道キャプテン。 アジアチームの記念撮影。もし、3連敗だったとしたら、こちらも写真など 撮りにくかったかも、と思うとホントにオメデトウ!と言いたい気分でした~ オラサバルキャプテンはさすがに残念そう。私はこのオラサバル選手の渋い味が わりと好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その6

スタートの石川 遼選手VSハンセン選手組が終わって、あとに続く組が 18番ホールグリーンに上がってくるのを待ち構えていたら、なんだか様子が おかしなことに。 選手たちがクラブも持たずに、ぞろぞろとグリーン上に集まってきてしまい、 こちらが「な、な、何で?」 と思っている内に、選手同士リラックスムードで 握手したりして・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その5

前半の1番から8番ホールまでは、トップスタートの石川 遼VSハンセン組を 追いかけたので、後半はラストの18番ホールに陣取って、各組が上がって 来るのを待つことに。まあ、多少ラクしたかったわけですけれど・・・ 遼クンがグリーン上へ。18番ミドルホールでハンセン選手はグリーンに2オン、 遼クンの2打目はグリーンをわずかに外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その4

最終日の一番ティーグラウンドに登場した石川 遼選手とソレン・ハンセン選手。 最終日はアジアチームと欧州チームの1対1のシングル形式の戦いです。 初日は各チーム二人ずつのダブルス形式のフォアサム (1個のボールを交互に打ち合う) 2日目はダブルス形式のフォアボール (互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その3

会場内はお祭りムード。 こういうイベントに欠かせないのがスポンサーや協賛企業のキャンギャルで カメラを向けると、足並み揃えて企業名のPRです。 お揃いの”Ryo”クンTシャツを着て、会場内で目立っていた日本女性。 ”Ryo"クンの応援のために、わざわざタイまでやってきたという感じです。 背中には、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その2

; コースレイアウト看板横の刈り込みも、スポンサーのPRに 一役買っておりました。 コース中央には湖のような大きな池があり、そこを渡る道があるのね と思ったら、それは道ではなく8番、9番ホールでした。 8番ホールのグリーンは池に浮かぶ島で、そこには矢切の渡し、 ならぬアマタの渡しに乗って行かなければいけません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ〈ザ ロイヤル トロフィー〉観戦記 その1

ゴルフファンの皆様&石川 遼選手ファンの皆様、お待たせしました~  1月9、10、11日にタイで行われたTHE ROYAL TROPHY に メディアとして参加してきたご報告のスタートです。 私の個人的事情でご報告が遅くなったので、すでにTVや新聞で 結果はご存知と思いますし、試合の詳しい内容はネット上でつかめる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年あれこれ

100年に一度と言われる金融危機の中で2008年は暮れ、 2009年が明けました。 何や彼やと追われているうちに、1月も半分近く経ってしまい、 我がブログのにっぽん丸ワールドクルーズ乗船記も地中海を出て、 北海に向かう辺りで途切れたままとなっております。 自由業の身ゆえ、仕事始めはいつからでも構わないのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を癒す国・タイの進化

トレンディタイランド視察旅行の最後の二日間はバンコクで。 『ラリンジンダ・ウェルネス・スパ・バンコク』で、アーユルヴェーディック・ ハイダウェイという、気の遠くなるような気持ちいいトリートメントを受けたり、 美容に医学的アプローチを取り入れている『メディカルスパ』を視察したりして 中味の濃い時間を過ごしました。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お部屋紹介

ザ・ラチャのお部屋の特徴は、開放感と清潔感。 これはリゾートにとって重要な要素ですよね。 私たちは、女性の旅研究会メンバーですから、女性にとっての居心地の良さ、 使い勝手、アメニティーの内容など、かなり厳しい目でチェックしてる・・・つもり。 その点、ザ・ラチャは文句のつけようがありませんでした。 バスルーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インディゴパール・ホテルはインダストリアルなムード

トレンディタイランド視察旅行、2日目滞在はプーケットのインディゴパール・ホテル。 ホテルの入り口で私たちを出迎えてくれたスタッフは、Tシャツにエプロン姿です。 すごくカジュアル、というか作業着姿と言ったほうが良さそう。 ロビーの照明はランタン風だったり、柱は網目状の金属で被われていたり。 吹き抜けのロビーのソファに腰を下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイには微笑みが溢れて

プーケット西側ビーチ群を見渡すことができる展望台で出会った二人。 カメラを向けると、ニッコリ笑ってピースサイン。 タイが”微笑の国”と呼ばれる理由がうなずける二人の素直な笑顔です。 プーケットのパトン地区は津波前の活気を取り戻していました。 観光客で賑わう通りにある店の女性たちの明るい笑顔からも プーケット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more