テーマ:写真

軽井沢写真撮影旅行

写真同好会の皆さんと軽井沢に撮影旅行に 行ってきました。 木立の中の旧型ポストが軽井沢らしさを 感じさせます。 紅葉なのか楓なのかはわかりませんが、 一部だけ真っ赤に紅葉していて印象的です。 高原のゴルフは気持ち良さそう。 夏はやっぱりひまわり! 高原の花々です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢・写真旅行

私がメンバーになっている写真クラブ"写Do" のみなさんと軽井沢に写真撮影旅行に 行ってきました。 東京から車3台に分乗して関越自動車道から 上信越自動車道へ。 松井田妙義ICで一般道に降り、国道18号線へ。 お昼は定番の横川の釜めし。 これ、結構しっかり量があるのよね。 腹ごしらえ万端で横川を出発し、途中め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の風景

夏に日傘をさす女性が増えています。 年々、陽射しが強くなって、肌へのダメージが 気になるのでしょう。 でも、思い出してみると母が若いころにも 日傘は女性の必需品だったみたい。 男性はパナマ帽をかぶっていて。 パナマ帽のような風通しの良いものを、 みんながかぶったら、オシャレな景色が 生まれてきそうです。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

花火文字

花火で作った"LOVE" Lの縦線が短くなっちゃったけれど・・・ 花火で作った”HOPE" まあまあイイ線かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッコウキスゲを撮りに日光へ

最近、放射能問題でガックリと観光客の減っている日光に日帰り写真撮影旅行に行ってきました。 ニッコウキスゲの咲く霧降高原から山を下って、牛のいる牧場を横切り、熊笹おい茂る道をかき分け、 霧降の滝に出る約4時間の行程でした。 霧降高原は、その名の通り霧が出ていて、山頂の方は薄ボンヤリ。 でも、ニッコウキスゲは水分を含んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ写真展 「それぞれのとき・それぞれの愛Ⅱ」 2011

今年の私の写真展も終わって、 少しのんびりしていたところに、地方に住む知人から 写真展には行かれなかったから、ブログで写真を 見せて欲しいとの要望が。 なので、全部を一遍には大変なので、 少しづつアップしてゆこうと思っています。 「ショーの主役」 ショーウィンドーを使ったファッションショーで、 一番目を引いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

募金活動へのご協力に感謝!

5月24日~31日までの私の写真展が終わり、 いつもの日常が戻ってきました。 写真展に足をお運びくださった皆様にお礼を 申し上げます。 ありがとうございました! 生憎、台風の到来と重なり、風雨に見舞われたりも しましたが、写真展の評判はおおむね好評で 「やってよかった~!」と胸をなでおろした次第。 今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種村実穂 写真展 『それぞれのとき、それぞれの愛Ⅱ』

私の3回目の写真展のご案内です。 タイトルは『それぞれのとき、それぞれの愛Ⅱ』 昨年、ヨーロッパで撮った写真の中から。 今回はポストカードを作りました。 6枚セットで1,000円。 その売り上げを東北大震災の義援金に提供いたします。 日時 : 5月24日(火)~6月2日(火)       12:00~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種村実穂 写真展 『それぞれのとき、それぞれの愛Ⅱ』

私の3回目の写真展のご案内です。 タイトルは『それぞれのとき、それぞれの愛Ⅱ』 昨年、ヨーロッパで撮った写真の中から。 日時 : 5月24日(火)~6月2日(火)       12:00~19:00 場所 : ギャラリー サロン ド フルール       http://gallery-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ美人

今、東京は真夜中のはず。 ここモスクワ空港は夜の7時半。 なのに、まだ外はいくらか明るく、 飛行機の姿がハッキリわかります。 緯度が高いせいかしら。 モスクワ空港に降り立つのは初めてだし、一人旅だし、空港の女性スタッフはケンカ腰の話し方だし、ちょつと緊張感のあるトランジットです。 iPhoneか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと涼しげ

数日前の空に鰯雲が広がっているのを見て 「ああ、これで夏も終わりなのね」なんて 嬉しさと、ちょっぴりの寂しさを覚えた私はバカでした。 今日の日中の暑さは一体なに? 続く猛暑で畑は水不足で枯れ、ニラやナスは品不足で 私の好きなニラレバ炒めと麻婆ナスの値段は高騰して 中華料理屋さんに行っても注文できなくなっているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコハマ散歩

男子4人で何してるの? どうしてそんな格好になってしまったの? 体はきつくない? それにしてもうまく保っているわね。 ヨコハマ港みらいの広場での光景です。 そのタネあかしは・・・・ 左のマイクを付けてるお兄さんの仕業でした。 彼の手にはポリバケツ。 これをどうしたのでしょうか? なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展が終わって

6月15日~20日までの写真展が終って、ちょうど一週間。 会場に足をお運びくださった皆々様、ありがとうございました。 写真をご覧いただいた感想として「楽しめた」とおっしゃって いただけたのが何より嬉しく、励みにもなりました。 この先も、一年に一度のペースで続けてゆきたいと思っていますので、 今後ともお引き立ての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種村 実穂の写真展ご案内 ≪或る旅の断片≫

『南国の風』 海や森や川を渡って吹いてくる風は 熱気と湿気を含んでまったりとしています。 土産物屋の軒に吊るされた布やドレスが 南国の風を相手にスローなダンス。 人を追い立てることのない時間の中で 何もかもがゆったりと寛いでいます。           コスタリカ プンタレナス ・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

種村 実穂の写真展ご案内 ≪或る旅の断片≫

『楽園』 日中に燦々とふり注いだ陽が西に傾く頃には ワイキキビーチの人影もまばらになってきます。 ビーチに揚げられた波乗りカヌーも、その横で客を待つ老人も 昼間の喧騒から開放されて、ゆったりと寛ぎます。 あと少しすればダイヤモンドヘッドは金色に輝き始め、 ハワイは楽園の顔を取り戻すのです。 ・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く

先週土曜日に抜いた歯の後はポッカリ大きな穴が開き なかなか塞がりません。 ズキズキも相変わらず。 親知らずを抜いたわけでもないのに・・・・・・・・・ 今週3度目の歯医者さん通い。 駅からいつもと違う裏通りを選んで歩いていたら 私の視野に突然桜の花が。 花の色はソメイヨシノよりピンクが濃く、早生桜の ようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐竜に襲われる!

誰かー! 助けてー! 久しぶりの雪景色にウキウキとしていたら、 突然雪の下から巨大な恐竜が現れ、鋭い歯をむき出して 私に襲いかかりました いくら助けを求めても辺りに人影はなく スーパーマンが救いに来てくれる気配もなく 私はほとんど恐竜の喉まで飲み込まれかけた そのときです。 ジャーン!! 現れた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「宇宙からみた地形」

昨年のことになりますが、私のPCに朝倉書店の方から 「種村さんの”ヘラクレスの柱”の写真を使わせてください」 というメールが入りました。 ”ヘラクレスの柱”の写真を捜していて、私のブログに 行き当たったとか。 写真は、一昨年ワールドクルーズ中のにっぽん丸に 乗船したとき、ジブラルタル海峡を通峡中に撮ったもので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

好きな色

「好きな色は何?」と人から聞かれたら、私の答えはいつも yello, ice blue, violet ! 菜の花のyello 氷河のice blue スミレのviolet 先日、用事があって原宿に出かけました。 少し時間があったので、カメラを持って周辺をブラブラ散策。 10年以上ぶりで竹下通りにも足を踏み入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『花冠』 少女たちは可憐な衣装と美しい 花の冠を身につけて妖精になり ました。 ステージの下の観客は、しばし の間、妖精の国のゲストです。           ラトビア リガ 『ときめく』 ステージの上でつないだ手の 記憶は、フェスティバルが終わ っても消えることはありません。 そのとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『汚れを知らず』            金色に輝く像の横に立ち、 子供はその像と同じものに なりました。     何も恐れず、何も傷つけず、 何にも汚されず、無限の可 能性を秘めて輝くのです。                        タイ バンコク                 『日々祈る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『アテネの恋人』               アテネはエーゲ海に面した神話の街。     ふりそそぐ初夏の陽光と、みずみず       しい緑のなかで、恋人たちは神々の       祝福を受けて愛を育みます。                     ギリシャ アテネ       『ようこそ、リガへ』 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『青の時代』                「今日のテスト、どうだった?」         「そうね、まあまあ」              ボルドーはヨーロッパ最大の学生街。   ジーンズの女子高生たちはクラシック    な舗道を背景に一つの絵になりました。                              フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『対岸の風景』 古都・サンクトペテルブルグは、 ネヴァ川河口のデルタに栄えた街。 街の中心にさほど遠くない川岸に 停泊中の客船と、対岸のカップル を雨上がりの西日が照らし出しま す。    ロシア サンクトペテルブルグ 『赤の印象』                  「日本の客船が泊まっているって   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

    『北海に面して』 ベルドンは北海に注ぎ込むガロンヌ川 の河口にあるかわいいリゾート。 オフシーズンの海辺に人影はありませ ん。人の手のような妙な枝振りの街路 樹も震えています。             フランス ベルドン     『家のモザイク』             北海からエルベ川を遡ってハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『沈黙』 「なぜ黙っているの?」 「言葉にはもう意味がないから」 川面に揺れるさざなみのような感 情が二人の間を行ったり来たり。                  ロシア サンクトペテルブルグ       『微妙な関係』 向けられたカメラに自然なポーズ。 「二人の間柄は?」と尋ねたら、 「友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

            『日曜の楽しみ』                           今日は日曜日。パパと帆船を見に             来たんだ。そろそろ帰らなきゃいけ             ない時間。                でも、もう少し、パパの大きな手に                  ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『私の場所』               「どうしてそんな所で本を読んでい   るの?」と誰かが聞いたら、彼女は      きっとこう答えるはず。            「本を読むのに、ここ以上の場所が     あるかしら?」  白い家並みに読書する姿が溶け込 んで静かです。             スペイン イビサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展より

『邪魔をしないで』              ”どうしてカメラを向けるの?”       と言いたげな彼女の視線。 ごめんなさい!  噴水の飛沫のベールの向こ  うに霞む教会がとてもロマン ティックだったのでので・・・                    ロシア サンクトペテルブルグ 『橋』    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more