種村実穂の”心はいつも旅の空”

アクセスカウンタ

zoom RSS 隅田川七福神めぐり

<<   作成日時 : 2012/01/08 01:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


お正月気分も七草の今日くらいまでですね。
7の日に七福神めぐりをするのも良いのでは、
ということで知人に誘われて隅田川の
七福神めぐりをしてきました。

待ち合わせが亀戸だったので、隅田川七福神
には入っていないけれど、有名な亀戸天神に
まずは参詣。

画像


境内に入ってすぐに目に入ったのは、
時代を感じさせる赤い橋と、その向こうに
そびえたつ超近代的スカイツリーでした。

画像


境内をさらに進むとスカイツリーと社殿の
新旧コラボレーション風景が。
空が青いのでとっても綺麗です。
家を出るとき「今日は一日寒いかも・・・」なんて
少し気分が重かったけれど、この景色を見て
テンションが一気にアップ。
なんだか良い一日になりそうという予感が。

画像


早速その予感が当たり、境内で猿回しに遭遇。
太郎次郎一門の猿回しだそうで、猿使いの女性の
話芸もなかなか達者です。

画像


竹馬に乗ったり

画像


逆立ちしたり
まだまだ、出し物がありそうだったけれど
七福神めぐりはこれからなので、最後まで見ている
わけにもいかず・・・・

画像


亀戸天神を後にして、隅田川七福神めぐりを
始めるために場所を移動。
スカイツリーがだんだん近くなってきました。
この辺りは最適のスカイツリー観賞スポット
のようです。

画像


川を挟んでスカイツリーの真下の道を通過。
こうして下から見上げると、やはり圧巻です。
関連施設の工事現場にはたくさんの人が今年
5月の開業を目指して粉骨砕身で働いて
いるようでした。

画像


隅田川七福神巡りの最初は三囲(みめぐり)神社です。
この神社には大黒神と恵比寿神の二神が祀られて
います。

画像


三囲神社の境内に鎮座するお狐様。
普通狐は目が吊りあがっていて少し怖いの
だけれど、ここのお狐様は目じりが下がって
いて、愛嬌があります。「三囲のコンコン」と呼ばれて
親しまれているのだとか。
「犬じゃない?」なんて声が背中の方から聴こえて
きました。狐も目じりが下がると犬になる?

画像


次は布袋様が祀られた弘福寺。
今日は神社めぐりだと思いこんでいたので
お参りするとき、つい柏手を打ってしまい
「ここは神社じゃないんだから柏手は禁止!」
と知人にたしなめられたりして。

画像


三か所目は弁財天が祀られている長命寺です。
社殿の前で男女のキャラがポージング。
男の子は”おしなりクン”
押上と業平の町内会のキャラなんですって。

女の子は”言ちゃん”
向島言問の芸者さんがモデルのキャラなんです。
なんで猫なのか? それは謎です。

画像


四か所目は福禄寿尊が祀られている
百花園。その名の通り境内には多種類の
草木が植えられていました。

入口の所に七草の鉢植えが。
境内で七草粥が売られていましたが
残念ながら時間がなくて食べられず。

画像


五か所目は寿老神を祀った白髭神社。
寿老神は福徳長寿の守護神で、不老不死の
お酒の入った瓢箪を持ち、長寿と自然のシンボル
である鹿を従えているそうな。

画像



最後は毘沙門天を祀った多聞寺です。
毘沙門天について調べたら、こう書かれて
いました。

『七難を避け、七福を与える北方守護の神仏
である毘沙門天は、仏教とそれを信じる人々
を守る四天王の一人であり、憤怒の相に
唐の武人装束をまとい、左手に宝塔、右手に金剛棒
を持ち、二体の邪鬼を踏みつけている姿で表わされ、
古くから武人たちの厚い信仰を得ている。』

なるほど、毘沙門天は四天王のうちの
多聞天なんですね。
それなら京都のお寺でよく見かけていました。

四天王の内では、私は広目天が好みです。
関係ないけど。

三囲神社には二神が祀られていた
ので、隅田川七福神めぐりは六ヶ所。
でも、始めに亀戸天神にも参詣したので
今日は結局七か所をめぐったわけです。

距離にして6キロくらいあったかしら。
風が強くてつめたかったので、さすがに
少し疲れたけれど、正月七日に七福神めぐり
ができて良かったわ。
今年が良い年になりそうな気がしてきたわ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
隅田川七福神めぐり 種村実穂の”心はいつも旅の空”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる