テーマ:

飛鳥・インフォーマルナイトのディナー

飛鳥Ⅱは1月14日の21時に横浜を出港して、 16日の15時に長崎に着きました。 15日は一日中航海日だったので、少しのんびり 出来ました。 ディナーのドレスコードはインフォーマル。 フォーマルほどではありませんが、それでも少しは ドレスアップしないといけません。 可愛い少年もネクタイを締めて、紳士の仲間入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛鳥の船内は長崎ムード

飛鳥Ⅱの船内の様子です。 カジュアルに食事を楽しめるリドカフェには 赤い提灯が下げられて長崎クルーズらしい ムードに。 リドカフェの入口では野菜と果物がお客様を お出迎え。(本物ではありません) カラフルで、気持ちまで弾んできます。 船首のビスタラウンジにはバイオリンを弾く 金色の女性像が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最大の客船・飛鳥で長崎へ !

出発日は関東に大雪が降った成人式の14日。 家を出るときはこんな感じでした。 みなとみらい線の日本大通り駅から飛鳥の 停泊している大桟橋まで行くのに一苦労。 タクシーは来ないし、荷物はあるし、半分雪、 半分水の道路を雪中行軍して、なんとか飛鳥に 辿り着いたときは、靴の中はビシャビシャに。 着替えをして、ホッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イタリア&フランス ペットのいる風景PartⅡ

「あっ!写真を撮ってる」男の子の表情を観ると 家族団らんの邪魔をしてるみたいで、気が引けます。 でも、父親と息子とペットが過ごすひと時は、すごくリラックス したムードで、心惹かれるものがありました。 イタリア・トリノのカステッロ広場で。 この犬の種類は何かしら? レトリバー? すごく優し気です。 女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像を超えた美しさ・マッジョレー湖のベッラ島

イタリアの湖水地方に憧れ続け、今回の旅行で ようやく念願が叶ったことは前回のアップのときに 書きました。 今回はマッジョレー湖で一番大きなベッラ島について。 ベッラ島は島の敷地のほとんどが18世紀にこの地域 で栄華を極めた貴族、ボッロメオ家の宮殿で占められて います。 ボートはボッロメオ宮殿の船着き場に近づきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア&フランス旅行 マッジョレー湖に浮かぶ島・マードレ島

マッジョレー湖巡りは、一般的にはストレーザという町が基点です。 ミラノからの電車の駅があるからなんですね。 今回、私はミラノの知人宅に数日お世話になったついでに (ついでになんて申し訳ない・・・・)車で湖水地方に連れて行って もらったので、湖巡りのボートにはイントラという町から乗船しました。 上の写真は動き始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア&フランス旅行 マッジョレー湖に浮かぶ島

北イタリア・湖水地方のマッジョレー湖は南北65㎞の長い湖で、 北はスイス国境に接しています。 イタリアとスイスに跨るこの湖を映画のシーンに活かしたのが アーネスト・ヘミングウェイの「武器よさらば」です。 ”第一次大戦中、イタリア兵に志願したアメリカ人フレデリックは 負傷して、看護婦のイギリス人女性キャサリンの手当て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラノの運河地区は散策におすすめ

ミラノではカメラマンのフラビオさん&恵実子さんのお宅に お世話になりました。 フラビオさんは大の日本贔屓で、日本の伝統文化や工芸 に携わる人の写真(特に手のクローズアップ写真)を ライフワークとして撮っていらっしゃいます。 私の知人の女性書道家も被写体になり、美しい筆さばき を撮ってもらいました。 それはと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・フランス旅行

<ミラノ・ドウォーモ広場で> 10月15日にイタリア・フランス旅行から戻ってきました。 それから一週間は多少の時差ボケもあって、 何だかアッという間に過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それぞれのとき、それぞれの愛 in Italy

イタリアの湖水地方はいくつもの美しい湖のあることで知られています。 マッジョーレ湖は北はスイス領にまでのびる南北65㎞の細長い湖。 湖に浮かぶ島々をめぐるボートのなかで恋人同士は二人だけの時を刻みます。 湖面を渡る風は心地好く、ボートは穏やかに島をめぐってゆきます。 湖めぐりのボートの先端に席を取れば、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ美人

今、東京は真夜中のはず。 ここモスクワ空港は夜の7時半。 なのに、まだ外はいくらか明るく、 飛行機の姿がハッキリわかります。 緯度が高いせいかしら。 モスクワ空港に降り立つのは初めてだし、一人旅だし、空港の女性スタッフはケンカ腰の話し方だし、ちょつと緊張感のあるトランジットです。 iPhoneか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左義長まつりのおまけのおまけ

4月9日にアップした「左義長まつりは子供も主役」について 勝山市の”とあ~る 芳野区民”さんから、 次のようなコメントをいただきました。 前半の写真の女の子は、当時小学1年の『なっちゃん』です。 今年の個人戦1年生の部にて、うかれ大賞(優勝)を勝ち取りました。 その下の男の子は、当時6年生の『翔太』で、 なっちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井勝山・左義長まつりの最後は”ドンド焼き”

左義長まつりのクライマックスについて間を置かず アップするつもりが、このところのジェットコースター なみの気温の変化で軽い風邪を引き、 しばしブログアップもお休みでした。 でも、もう大丈夫。 とても嬉しいことがあったりして、気持ちが晴れたら 体も元気回復。 私って、なんて単純なんだろう・・・。 で、左義長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井勝山・左義長まつりは見どころいろいろ

左義長まつりの演し物は櫓上のパフォーマンス だけじゃありません。 櫓を収容する会館や民家の座敷を利用して 「作り物」が展示されます。 「作り物」は、生活用品が素材に使われ、その時の 時流をテーマに製作されて、その上、歌(書き流し) までも添えられるという凝ったもの。 2010年のテーマは”寅” 上の写真の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井勝山・左義長まつりは子供も主役

前回アップした”左義長まつりのヘンなおじさん”に ブログ気持ち玉の”ナイス”をくださった方、 ありがとうございました♪ 嬉しいです~ さて、勝山市内12ヶ所に建てられた櫓上の パフォーマンスは、それぞれの地区ならではの 趣向や特徴があります。 こちらの芳野地区では、櫓が上下2段になっていて 上では大人が、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福井勝山・左義長まつりのヘンなおじさん

志村けんも真っ青な”ヘンなおじさん”登場。 毎年必ずおまつりに参加して、観客を湧かすそうですが どこかの社長さんらしい、という情報もあります。 この櫓は、下後地区櫓か上後地区櫓かの どっちだったかしら? ここでは櫓の上と下とでパフォーマンスが 行われていました。 ひょうきんおじさんが加わった下のほうが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”左義長まつり”は日本の奇祭

お待たせしました~ ”左義長まつり”についてのご報告です。 プレビューでも触れたように、左義長まつりは 2月の最終土曜、日曜に開催されます。 今年は2月27、28日でした。 ”左義長”(ドンド)は古く平安朝の頃から全国各地で 行われている小正月の火祭りです。 各地のドンド焼き、イコール左義長まつりとなるわけです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more